短期間で痩せるための脂肪燃焼メソッド

短期間で痩せる脂肪燃焼メソッド

忙しい人は運動をして脂肪燃焼をする暇がないので短時間で出来るエクササイズを述べていきます。

 

まずは、自宅で出来る簡単なエクササイズ

 

1.腕立て伏せや腹筋背筋が挙げられます。1つの運動に30秒間かけて運動していきます。

 

・腹筋は体を持ち上げるごとに息を吐いて戻るときに息を吸うの繰り返し行っていきます。この息を吸って吐くを繰り返すことで脂肪の燃焼を促します。

 

※腕立て伏せができない人は、膝を付けて腕が曲げれるようにして行ってください。(腕立て伏せは)

 

肝心の有酸素運動は足踏みをして膝を高く上げて腕を大きく振るようにしてください。
(イメージとしては運動会の応援団や競技をする選手が入場するときの歩行です。)

 

2.後は毎日の食事に燃焼系のサプリメントを取り込んで、歩く時間を増やすなど脂肪燃焼の効率化を図るのが効果的です。より効果的なダイエットをするなら、アミノ酸系のサプリメント・身体作りのプロテインも取り込んで体脂肪を落とし筋肉を付けていく方が体質改善も期待できます。

 

※最近厚くなってきたので、こまめに水分を摂るようにして日射病などの対策をしていってください。

 

フィットネスクラブ・ランニングなどの時間がとれる

 

1.休みの日に運動できる時間がとれるなら自転車やランニングなどの循環器官を使った運動が効果的です。
運動時間の目安は20分で波のようハイペース、ロウペースを繰り返していってください。ペースを落としている上げたりすることで、低強度・高強度の運動を繰り返していき効率の良い脂肪燃焼を促します。

 

2.クラブで運動する時間がとれるなら有酸素運動をしていってください。

 

ただし息が切れるほどの運動をしないようにするのがポイントです。息が切れると体内に取り込む酸素が不足してしまうので、上手く脂肪を運んで行かないため息が切れてしまったら休憩をするのがベストです。

 

運動時の注意点は、食事後2時間たってからが目安です。このとき胃が取り込んだ食物を消化しているので、脂肪を燃やしません。空腹時・2時間経過後は脂肪燃焼を促すので、タイミングを見計らって運動していってください。

更新履歴

2014 短期間で痩せるための脂肪燃焼メソッド All Rights Reserved.

メニュー